旅行

ひとり旅の始め方や魅力について

この記事を読めば↓の悩みを解決できるようになっていますので
是非最後まで読んでいただければ幸いです。

ひとり旅してみたい。

でもどう楽しめばいいかわからない。

ひとり旅のどこがいいの?


ひとり旅に興味はあるけど中々一歩を踏み出せない方に

ひとり旅の始め方や魅力について全力お伝えさせていただきます。

ひとり旅のイメージ

ひとり旅未経験者にひとり旅のイメージを聞くとよくこんな回答が返ってきます。

誰かと一緒のほうが楽しいに決まってる

ひとりってなんか寂しい

色々調べて計画立ててとかめんどくさい

まず初めに言わせてください。そんなことありません!!!

旅行の価値観は人それぞれなので

どれも否定するつもりはありませんが

このイメージだけでひとり旅をしない選択をしてしまうのは

非常にもったいないです。

確かに気の合う友達と旅行に出かけたほうが

楽しいかもしれないし寂しくないかもしれません。

でもひとり旅だからこその良さがたくさんあるんですよ。

その良さについて詳しく解説していきます。

ひとり旅の魅力

新しい出会いがある

ひとりで旅行していると新しい出会いが増えます。

例えば

お店の店員さん

ひとり旅している旅仲間

道中話しかける/話しかけられる

これはひとりで旅をしているからこそのメリットです。

相手側からしても、ひとりだからこそ話しかけやすいんでしょうね。
※話しかけづらい雰囲気を出しているときは別ですが・・・

そこでの会話がきっかけで、友達になったり恋人まで発展する人もいますし

特に何もなく終わる人もいます。

まさに一期一会なんですね。

普段は家と会社の往復で出会いなんかまったくない

という方は多いんじゃないんでしょうか。

友達や恋人欲しいけど、どこで知り合えるんだろう・・・

そういった方には是非ひとり旅をやってみてもらいたいですね。

問題解決能力が身につく

ひとりで旅をするということは、旅先で問題が発生した時

自分で解決しなくてはなりません。

スマートフォンで検索すれば大概の情報は得られますが

それでも問題が起こった時、本当に頼れるのは自身の経験と直感です。

少し大げさに聞こえるかもしれませんがひとり旅では

問題が起こった時どう解決するか、それをどう生かすかを経験することができるんですね。この経験は旅だけではなく、仕事や人間関係で困ったときにも役立ちます。

私も初海外初ひとり旅で台湾に旅行した際、困ったことが起こりました。

海外で入国前には必ず、入国カードという用紙に氏名や住所、宿泊先を記入する必要があります。

入国審査の際、宿泊先が空白なので記入しなさいと言われましたが

現地でホテルを探すつもりだった私は記入できずどうしようかと困ったんですね。

そんな時、近くに居たスタッフに身振り手振りと単語レベルの英語を駆使し

何とか入国できたという経験をしました。

それまで英語はきちんとした文法と発音じゃないと伝わらない。と思っていた私は

身振り手振りの単語で伝わるんだなと学んだんです。

すべてが自由

本当に極論ですが何をしてもいいんです。

どの時間にどこへ行ってもいいんです。

誰にも縛られることはありません。

丸一日歩いてもよし。

ホテルで寝ててもよし。

はては旅行を辞めて帰ってもいいんです。

究極に自由なのがひとり旅です。

ひとり旅の始め方

結論は国内から始めることをおすすめします。

東京近郊でのおすすめスポットは以下の記事にまとめていますので

ご参考ください。


場所はどこでも構いません。バスで1時間でも新幹線で3時間でも。

大事なのはひとり行動するということです。

正直計画なんか立てなくてもいいんです。

私は温泉に入りたいという理由だけで伊豆行きの電車に乗りました。

詳細なスケジュールなんか立てなくても大丈夫です。

ここに行ってこのホテルに泊まってといった具合で・・・

いきなり海外旅行でひとり旅デビューされる方いらっしゃいますが

正直大変だと思います。それも旅の醍醐味だと言ってしまえばそうですが・・・

海外は日本と異なる点が多く常識やルールが全然違う場合があります。

女性の場合は特に気を付けなくてはいけないので慎重すぎるくらいがいいですね。

私としては安全に旅をしていただきたいのでまずは国内、それから海外をおすすめします。

ひとり旅を楽しむポイント

先入観を捨ててなんでもチャレンジしてみる

旅をしたからにはいい思い出は作りたいですよね?

有名な観光地に行って、美味しい料理を食べて

いいホテルに泊まるのもいいと思います。

でももっと楽しみたいのであれば

普段はやったことないことにチャレンジしてみましょう。

例えば

ゲテモノ料理を食べてみる

思い切ってナンパしてみる

アクティビティに参加してみる

おそらくこれを見た時に拒否反応あるかた入りかもしれません。

いくら旅行でもできないよと。

でも旅行という楽しさでアドレナリンが多く分泌されるせいか

不思議となんでもやってみようかな。と思うようになります。

私も旅行して初めてゲテモノを食べました。

ナンパはしていませんがアクティビティは参加したことあります。

やってみると案外いいかもと新しい発見があると思います。

新しい自分を見つける意味でもチャレンジする価値は十分にありますよ。

先入観を捨ててチャレンジしてみてください。

海外の場合は見極めが必要だと思います。
特にひとり旅や女性の場合は注意してください。
道案内といって路地裏に連れ込み強盗や脅迫されるケースもあるので慣れないうちは慎重に行動することをおすすめします

まとめ

いかがでしたでしょうか。

私なりにひとり旅の魅力を書かせていただきました。

私自身国内・海外旅行ともにひとり旅しています。

時には大変な目にあったりもしますが後悔したはことありません。

すべて大事な思い出になっています。

あなたの周りにひとり旅をしている/したことある方はいますか?

もしいたらひとり旅が楽しいかどうか聞いてみてください。

きっと私と同じような感想を話してくれると思います。

現在もまだ全面的に旅行は解禁されていませんが

旅行できる日を楽しみに気分だけでも高めていきたいですね。




ABOUT ME
Tetuo
【いつもひとり】 25歳で初海外一人旅を経験。 日本とは異なる文化、人柄に触れ海外の魅力を知る。 その後ベトナム、カンボジアへ渡航し、さらに旅行計画をたてていたがコロナの影響でとん挫。 普段はIT会社に勤めるサラリーマン 読みやすく、包み隠さず、おもしろくをモットーにしている。