映画

旅に出かけたくなるおすすめ映画10選

旅に出かけたくなるおすすめ映画を10つ紹介します。

※2020/6/24 新たに5つ映画を追加

私に会うまでの1600Km

パシフィック・クレスト・トレイル(通称:PCT)に挑戦した女性の物語
アメリカのメキシコ側から、カナダ側までの1600Kmを徒歩で歩きながら
過去の出来事を思い返しながら進んでいきます。

開始5分でもうやめたいと口に出します(笑)
ガスバーナーの燃料を間違えてしまったり
靴を片方落としてしまったり
いろんな困難がありながらも着々と進んでいく姿に胸を打たれました

PCTに挑戦するきっかけや自暴自棄な彼女の生活
そんな自分を変えたいと心の底から思うからこそ続けられるのかな。
彼女を見ていると頑張る勇気をもらえますね。

何か目標に向かって頑張っている人にぜひ見ていただきたい作品です。

ザ・ビーチ

礼儀は忘れず。でも長居は無用
先入観を捨てなんでも体験してみよう痛い目見る価値はある。
みんな違うことがしたいのに結局同じことばかり

ザ・ビーチ

この映画はまさに旅人のための映画といっても過言でないとおもいます。

冒頭のザ・アジア感満載なバンコクは最高ですし
そこに溶けこんでいるレオ様も最高です。
秘密の島に向かうまでのドキドキやワクワクが伝わって
みてる側も旅をしているような気持ちになりますね。

最高の人生の見つけ方


末期がんのじいちゃん二人組が死ぬまでにやりたいことリストを作成し
人生最後を思いっきり楽しみます。

・スカイダイビングに挑戦する

・壮厳な景色を見ること

・人にやさしくすること

・世界一の美女とキスすること

・泣くほど笑うこと

世界中を飛び回るのでプチ世界一周の気分を味わうことができますよ。



この映画に出てくる死ぬまでにやりたいことリスト(棺桶リスト)を
見て自分も棺桶リストを作成しました。
いい機会なのでご紹介させてください。

シェフ

この映画は罪だ。
美味しそうな料理がたくさん出てきますが食べれないんです。
飯テロ映画です。

特に罪なのがキューバサンド。
よだれが止まらなくなっちゃうんですよ。
この映画を夜中に見ることはお勧めしません・・・

物語はワゴンバスをキッチンカーに改造し
アメリカを縦断しながらキューバサンドを販売していきます。
マイアミからロサンゼルスまでの雰囲気が好きな人にはたまらないと思います。

ミッドナイト・イン・パリ

さえない小説家がパリで現代から1920年代にタイムスリップする映画
1920年代のノスタルジックな雰囲気が最高ですね。
パリ好きにおすすめの映画です。

セーヌ川、エッフェル塔、モンマルトルなどの名所が音楽と共に映し出されます。
美しすぎる映像に思わずうっとりしちゃいますね。
とにかくどのシーンを切り取っても絵になります。

しあわせはどこにある

精神科の主人公が、幸せを求めて世界中を旅します。

僕がこの映画でいいなと思ったのは
飛行機内での出会いですね。

最初の中国では、機内で隣の男性人と仲良くなったのがきっかけで
その人から高級ホテルや高級レストランをお世話になってました。
次のアフリカ行きの機内では、知り合った女性に母親のパーティに招待されています。

まさに一期一会の出会いですね。
この映画を見ていると旅っていいな。って思い出させてくれます。

エリザベスタウン

シューズメーカのデザイナーが開発した商品が
全く売れず会社を経営破綻させてしまします。
この出来事で責任を感じた主人公は自殺を試みることに。
しかし直前にかかってきた電話で父の訃報を知り
葬儀のためのケンタッキーに向かう物語です。

大きな失敗をしても、人生は山あり谷あり
どん底の状態でもいつかは這い上がれる
だから悩むのは少しにして、とにかく前に進もう。

そんなメッセージで勇気をくれる映画ですね。

ダーティ・グランパ

やんちゃなおじいちゃんと、真面目すぎる孫が車で旅をするコメディ映画です。

70歳でポルノを見たり、ゴルフ場でナンパするなど
超ぶっとんでるおじいちゃん。そんなおじいちゃんに振り回されて
ハチャメチャな展開になっていくのがめちゃくちゃ面白いんです。

真面目過ぎる孫は今まではっちゃけたことがないせいか
物事の加減が分かりません。それで色々やりすぎちゃうところが見どころですね。

アメリ

おしゃれでかわいいフランス映画の名作「アメリ」

パリを舞台にした作品で、映像、音楽、ストーリどれもおしゃれですね。
ノートルダム大聖堂やアメリが働いたカフェ・デ・ドゥ・ムーランなど
映画のロケ地巡りでパリを訪れるひとも多いはず。
この映画を見ずしてパリは語れませんね。

君の名は

2016年公開の新海誠による長編アニメーション作品

興行成績日本歴代2位、全世界125ヵ国で上映され興行収入合計はなんと
2億8,100万ドル(千と千尋の神隠しよりも高い)

魅力は何といっても、アニメなのにリアルすぎる描写ですよね。
ノスタルジックな雰囲気もどこか懐かしさを感じます。
新海誠作品全体に共通しているポイントですが君の名は特に凄い。

またこの映画で聖地巡礼もメジャーなものになりました。
長野県や東京が舞台になっているので映画を見た後に
聖地巡りをするのもおすすめですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
旅に出かけたくなる映画たちご紹介させていただきました。
これを機に見ていただけましたら幸いです。

ABOUT ME
Tetuo
【いつもひとり】 25歳で初海外一人旅を経験。 日本とは異なる文化、人柄に触れ海外の魅力を知る。 その後ベトナム、カンボジアへ渡航し、さらに旅行計画をたてていたがコロナの影響でとん挫。 普段はIT会社に勤めるサラリーマン 読みやすく、包み隠さず、おもしろくをモットーにしている。