旅行

【2020版】日本のパスポートが凄すぎる理由

日本のパスポートって凄いとか最強とかよく聞くけど

具体的になにがすごくて、どうして最強なのかを解説していきます。

なにが、日本のパスポートの凄い所なのか

ビザ無しで渡航可能な国の数が世界最大191ヵ国

入国審査やビザ審査・取得に時間がかからない

渡航可能数が世界最大の191ヵ国

2020年1月にヘンリー&パートナーズ社が発表したレポートによると

日本はビザなしで入国できる国の数が191ヵ国と発表されました。

この渡航できる国の数が世界一なので、”世界最強のパスポート”なんですね。

順位国名渡航可能数
1位日本191
2位シンガポール190
3位韓国
ドイツ
189
ビザなしで渡航できる国数TOP3
参考↓
https://www.henleypassportindex.com/assets/2020/Q1/HENLEY%20PASSPORT%20INDEX%202020%20Q1%20INFOGRAPHIC%20GLOBAL%20RANKING_191219.pdf

ちなみにワースト1位はアフガニスタンの「26ヵ国」です。

いかに191という数字が凄いのかがわかりますよね。

入国審査やビザ審査・取得に時間がかからない

皆さん、入国審査で難なく入国できるのって当たり前だと思っていませんか?

これ全然当たり前じゃないんです。

他国の方で、入国審査が通らずに入国できなかったという話を聞いたことがあります。

他にも入国審査のために何時間も待たされた

入国審査の列で日本人に抜かされた(笑)などなど

よっぽどおかしな答えを意図的にしない限り

日本のパスポートであればほとんど入国できます。

また、ビザの取得が容易であるというのも凄いところです。

日本でビザが必要な場合は、WEB上か大使館で申請すれば取得可能ですよね。

しかし他の国では、ビザ取得に面接が必要であったり

その時の自身の状況では取得できないこともあるそうです。
(申請時に無職だと海外で不法就労を行う恐れがあるから)

なぜ、これほど日本のパスポートは凄いのか

ここで疑問に思うのは、どうしてこれほど凄いのかということですよね。

先に結論から話しておくと、以下の要素だと思っています。

海外での日本人による不法滞在や犯罪が少ない

パスポートのセキュリティが高い

ビジネスや観光でインバウンド消費が期待されている

海外での日本人による不法滞在や犯罪が少ない

日本は2020の世界平和指数(GPI)にて第9位にランクインしています。

GPIとは安全性・セキュリティのレベルや内戦・国際紛争の有無、軍事情勢の3つのカテゴリで分析しランク付けしたものです。
参考:http://statisticstimes.com/ranking/global-peace-index.php

このランク付けで国際的に平和な国だと認められている

日本人の平和主義な国民性も広く知れ渡っている

ビザなしで入国できる国の数が191ヵ国というのも信頼度のひとつですね。

パスポートのセキュリティが高い

2020年現在、日本のパスポートにはスキミング対策、データの改ざん対策、ICチップの複製読み取り防止対策などが施されています。

さらに今年から刷新された新パスポートには査証ページに

葛飾北斎の「冨嶽三十六景」が描かれるようになりました。

これには偽変造防止効果があり単純なデザインや数字、文字の羅列よりもセキュリティが高いそうです。

確かにこのデザインだと容易に改ざんはできなさそうですね。

ビジネスや観光でインバウンド消費が期待されている

日本はGDPランキングで世界第三位の経済大国です。

また年々海外旅行者数が増えてきており

日本政府観光局(JNTO)は、2019年の日本人出国者数が2000万人を突破したと発表しています。

これほどの経済大国が海外旅行ブームともなれば

訪問した国でのビジネス、観光による大きなインバウンド消費が見込まれますよね。

まとめ

どれだけ日本のパスポートが凄く、なぜ凄いのかをお判りいただけたと思います。

しかし残念なことに日本のパスポート取得率は23.5%で非常に少ないのが現状です。(アメリカは42%)
https://www.junglecity.com/blog/passport-holders-in-us-and-japan/

これほど凄いパスポートなのに所得したいのはもったいないと思ってしまいますね。

でも私の考えではアフターコロナでこの数字は格段に上昇すると見込んでいます。

もしこの記事を読んでいる方でパスポートを取得していない方が

いる場合はぜひ!取得していただきたいですね。

ABOUT ME
Tetuo
【いつもひとり】 25歳で初海外一人旅を経験。 日本とは異なる文化、人柄に触れ海外の魅力を知る。 その後ベトナム、カンボジアへ渡航し、さらに旅行計画をたてていたがコロナの影響でとん挫。 普段はIT会社に勤めるサラリーマン 読みやすく、包み隠さず、おもしろくをモットーにしている。